ハイブリッドレジン充填治療

ハイブリッドレジンによる充填は従来からある健康保険内での充填物に比べて、硬度に優れ、耐変色性に優れております。また色調も多数用意されていることから、より審美的な充填をすることが可能となります。

ハイブリッドレジン充填法

最小限の虫歯の除去を行います。(麻酔が必要な場合は局所麻酔ののちに行います)その後接着剤の塗布など歯面の処理を行います。つぎに、同部位に多数のハイブリッドレジンを使用しなるべく自然な色で調和のとれる色調で充填をします。多数の色調があることもこの方法のメリットです。また従来からある健康保険内のレジン充填に比べて材質も硬く、長期審美性の確保という面でもメリットがございます。

ハイブリッド適応症

近年、接着強度の増加や充填材料などの物性も上がり、適応範囲も拡大されてきております。一般的には咬合力の加わりにくい面への使用となります。歯と歯の隙間にかかわる面の場合ハイブリッド充填よりも型をとり模型上で充填物を作る方法を進める場合もございます。

ハイブリッド症例

 

 

 

 

ページのトップへ戻る