インプラント治療

インプラント治療とは不幸にして歯を失ってしまった場合にそこに人工歯根をつくり欠損歯列の治療を行う方法であり、現在ある歯科治療の中でも最先端治療といわれる、歯科治療法の一つです。治療の方法は、失ってしまった歯根の存在したであろう場所に人工の歯根を埋め込みます。あごの骨と生着するまでの数か月間安静にして。型をとり人工の歯冠を作成して終了となります。今までのブリッジ治療のように隣の歯を削合したりという、大変大きなメリットがございます。メンテナンスがきちっとされていれば、大変長持ちし、またご自身の歯で噛む感覚に非常によく似た感覚の得られる治療法です。

インプラント手術法

インプラントの手術には大きく分けて1回法、2回法があります。当医院では症例により両方の手技を使い分けております。また骨が足りなくなってしまっている症例などは骨造成をおこなうことでインプラント治療が可能となります。一度ご相談ください。

手術の流れとしましては。まず欠損部位に必要な本数のインプラント体を埋入します。これは多数の欠損の場合には力学的に可能であればインプラントブリッジという方法を用い、埋入する本数を減らすことで術後の不快感の減少、費用の減少を図ることが可能となります。もちろん長期に咬合の負担をしなければなりませんので、現存する歯牙の状態や噛む力の強い方、歯ぎしりのあるかたなどの状況を見ながら適宜埋入本数をご相談いたします。その後数か月間の間、インプラント体表面の骨との結合を待ったのちに上部構造帯の形をとりかみ合わせていきます。インプラントの完成後も定期的にかみ合わせのチェックが大切です。ご自身の歯は矯正でうごくように、経年的に移動したり摩耗したりしながら、変化します。しかしインプラント体はご自身の歯と違い、 移動しません。そのことにより、かみ合わせの変化が生じて、インプラントの不調和、残存歯牙の不調和を引き起こすこともございます。定期的なメンテナンスが、せっかく埋入したインプラント体の長期使用、また残存しているご自身の歯の保存につながります。

手術適応症

近年、インプラント治療はどんどん適応症が拡大してきております。骨造成をしたインプラント治療に関する。予後データも近年報告されてきております。当医院でも長期にわたる骨造成をしたインプラント埋入の予後データーもございます。どうぞご相談ください。

 

インプラントフィクスチャ

インプラント治療に用いる人工歯根は非常に多くのメーカーがあり、先発品後発品を合わせると大変な数になります。当医院ではシェアの高いメーカー製のものを使用することで、移転された場合にも対応のしやすい一流メーカー品を使用しております。ご安心ください。

 

 

 

 

ページのトップへ戻る