メタルボンド冠(陶材焼付鋳造冠)

従来からある。健康保険外材料です。歯の中心にあたる部分に金属を使いその上を陶材(セラミック)で覆います。強度は現在でもオールセラミックス以上の強度があり、長い歯列の欠損などでは現在でも主流の保険外治療です。陶材(セラミック)を使うことで保険内のレジン前装冠(プラスチック)のような強度の不足による脱離が少なく。吸水、変色もなく審美性にも優れた治療法です。またこの材料は健康保険では金属である臼歯部にも応用が可能です。

メタルボンド(陶材焼付鋳造冠)メリット・デメリット

メタルボンド適応症

 

メタルボンド症例

 

 

 

 

ページのトップへ戻る